portsのupdate

net-snmpのバグでいろいろと大変だったりしたので、ここらでportsをupdateしておく。以下、備忘録をかねて。

1. portsnapのインストール
portsのupdateをやってくれるportsnapという便利なツールがあるらしい。インストールしたつもりはなかったんだけど、確認したらすでにインストール済だった。(笑)
インストールされてなければ、以下を実行。

# cd /usr/ports/ports-mgmt/portsnap
# make install clean

2. 古いportsのバックアップ
あんまり困らないような気もするけど、念のために古いportsをバックアップしとく。

# mkdir /export/ports-backup
# cd /usr/ports
# tar cf - . | (cd /export/ports-backup; tar xvfp -)

3. portsのupdate
snapshotのダウンロード、snapshotの再構築、portsのupdateの順

# portsnap fetch
# portsnap extract
# portsnap update

何事もなく終了。

4. portupgradeのインストール
ついでにportupgradeも入れとく。

# cd /usr/ports/ports-mgmt/portupgrade
# make install clean

途中でBerkeley DBのインストールについて聞かれたんで、

[X] BDB4 Use Berkeley DB >=2 as backend. (Use BDB 1.85 if off)

こちらを選択。さらに「rubyも入れろ」と言われたんで、一緒にインストール。

あとはpackageのindexとか作るんですが、長~い時間がかかりそうなので、ちょっと躊躇してます、、、

人気ブログランキングへ
by wakemasa | 2010-10-30 07:47 | サーバ