たわごと


by wakemasa

2014年 初日の出

First sunrinse of the new year at Kitakyushu Airport (RJFR).

f0129635_2271258.jpg


First flight of JAL, JA302J (Japan Airlines) with First sunrinse

f0129635_2274529.jpg


First flight of SFJ, JA20MC (StarFlyer)

f0129635_2281783.jpg


f0129635_2283246.jpg

# by wakemasa | 2014-01-02 22:14 | たわごと

何にもしてないのに

何にもしてないのに、同じoptionでcofigureして、make、make installしたら、tclがインストールできてしまった。。。。。

どーゆーこと!?!?!?!?

見なかったことにして、先に進む。

tk8.6.1のコンパイルとインストール。

1. tk8.6.1を展開
2. configure実行
ここでも、エラーに悩まされる。./configure --prefix /c/tcl --enable-64bitで「TclConfig.shが見つからんぞ」とエラー。TclConfig.shを探したら、/c/tcl/libにいたので、option追加。
./configure --with-tcl=/c/tcl/lib --prefix /c/tcl --enable-64bit
でconfigure終了。
3. make
4. make install

これでTcl/Tkのインストールが完了。

ようやく本題へ、、、、入れるのか!?

人気ブログランキングへ
# by wakemasa | 2013-12-21 07:08 | サーバ
さて、原因不明なコンパイルエラーがなんで起きるかを調査しないと話が先に進まない。。。

READMEを読み漁ったが、よくわからん。何となく、configureを実行するときのoptionに細工してみた。

./configure --prefix /c/tcl -enable-64bit

そーいえば、自分のPCは64bitだったなぁと思い出したので、"-enable-64bit"を追加してconfigure実行。

Makefileができたら、make実行。

・・・・・・・・・(make実行中)・・・・・・・・・・・・・

あらら、、、makeが通ったよ。(驚)

じゃ、installのためにmake install実行。

またまたエラーで停止。(怒)

今度は、エラーコードが0xc000007b。どうも、install-tzdataを実行する際、tclsh86.exeを起動しようとしてこのエラーになっているみたい。

このエラーコードでググってみたら、64bitと32bitを間違うと出ることが多いらしい。
んなこと言っても、パソコンは64bitなんですけどーーーー!!!

さて、、、困ったぞ。。。。どうやって解決するんだ、この問題。。。。

人気ブログランキングへ
# by wakemasa | 2013-12-21 05:43 | サーバ

Stwawberry PerlでTk

Strawberry Perlをインストールしたばかりだが、早速壁にぶち当たる。

Tkを使いたかったんで、何も考えずにそのまま "use Tk;"と書いたら、perl様に「んなもん、知らんわ!ぼけ!!」と言われてしまいました、、、

いろいろ手順を踏んでインストールしなきゃならんらしい。

必要な素材は以下の通り。

・MSYS (tar.gzなファイルを解凍するために必要。こちらからゲット)
・MinGW (Windows上でgccを使うため。ネットではこちらからダウンロードできるとあったが、ページ上にリンクがない。結局、こちらから最新版をダウンロード)
・Tcl/Tk (GUIツールを開発するためのおまじない。tcl8.6.1とtk8.6.1をこちらからダウンロード)


準備1. MSYSのインストール
ダウンロードしてきたMSYS-1.0.11.exeをダブルクリックして、インストール。いろいろ聞かれるが、適当に(笑)入力。

準備2. MinGWのインストール
同じく、ダウンロードしたmingw-get-setup.exeをダブルクリックでインストール。ダブルクリックでインストーラが起動されて、必要なファイルが落ちてくる。ネットの教えに従って、MinGW base toolとg++ compilerのみをインストール、、、、したつもり。。。。

準備3. msys、mingwにそれぞれpathを通す
インストールしたコマンド群を普通に使うために、環境変数PATHにmsysとmingwのbinフォルダを追加する。Win7の場合、環境変数は「スタート→コンピュータ右クリック→プロパティ→システムの詳細設定→環境変数」で表示されるタブで設定する。このタブに「システム環境変数」という部分があるので、この中から"PATH"を探して、編集をクリック。編集画面になったら、一番最後にmsysとmingwのbinフォルダを追加。
PATHを修正したら、DOS窓で"path"とコマンドを入力して、msysとmingwにpathが通っていることを確認。


ここまできたら、本題のtclとtkのインストール。

1. tcl861のインストール
(1)適当なフォルダにtcl861-src.tar.gzを展開
(2)展開したファイルにwinというフォルダがあるんで、そこをwindows用コンパイルフォルダにする
cd c:\tmp\tcl861-src\win
(3)UNIXなら、./configureとやればconfigureスクリプトが動くんだが、Windowsだと「configureなんて知らんもんね」とおっしゃる。。。。「pathは通したし、なんでやねん」と悩んでいたが、DOS窓でshellを起動してやったら、ちゃんと./configureを認識。そんなもんかい、、、、
(4)c:\tclにインストールしたいので、"./configure --prefix /c/tcl"を実行。
(5)confugireが完了したら、make実行

何事もなくmakeが終了するはずが、エラー発生。

c:/strawberry/c/bin/../lib/gcc/x86_64-w64-mingw32/4.7.3/../../../../x86_64-w64-m
ingw32/bin/ld.exe: tclZlib.o: bad reloc address 0x0 in section `.data'
collect2.exe: error: ld returned 1 exit status
make: *** [tcl86.dll] Error 1

なんじゃ、これ、、、、、

人気ブログランキングへ
# by wakemasa | 2013-12-20 04:16 | サーバ
備忘録を兼ねてまとめ。

ふと思い立って、自宅PCにperl開発環境を作りたいと思った。(笑)

ActivePerlが世の中の標準らしいが、最近はStrawberryPerlというFreeなPerlもあるらしい。ActivePerlだとCPANの入手が大変だったりするらしいが、StraeberryPerlならそんなことはないらしい(と、ネットに書いてあった 笑)。

1. StrawberryPerlの公式サイトにアクセス。
2. 自分の環境に合ったStrawberryPerlを選択して、ダウンロード。December19, 2013現在で最新版は5.18.1.1。コンパイラやライブラリなど一切合財をダウンロードするんで、結構な時間がかかる。
3. strawberry-perl-5.18.1.1-64bit.msi(自分は64bitなので、64bit版)というファイルができるので、ダブルクリックしてインストール
4. StrawberryPerlが使えるようになります

人気ブログランキングへ
# by wakemasa | 2013-12-19 05:12 | サーバ